【トリートメントの効果的なつけ方】を美容師が徹底解説します!!

「【トリートメントの効果的なつけ方】を美容師が徹底解説します!!」のアイキャッチ画像
女性D女性D
トリートメントってどうやってつけるのが効率良いの?ダメージへアをなんとか良くしたいです!!



今回はこんな疑問にお答えします。



この記事を読んでわかること▼



  • トリ-トメントをつける前に準備しておくこと
  • トリートメントを効率良く浸透させる方法
  • リンス、コンディショナー、トリートメントの違いがわかる



ヤスタカ店長ヤスタカ店長
簡単な僕のプロフィールです

  • 現役美容室店長
  • 美容師歴12年目
  • 髪質改善メディア【Hair`s Labo】運営



良いトリートメントを使っていても、つけ方が悪いと効果が落ちてしまいます。

正しいつけ方で効果を最大限発揮させましょう。

今回は、具体的に髪をなめらかにするトリートメントのつけ方を紹介していきます



リンス、コンディショナー、トリートメントの違い



まずは意外と知られていない、リンスとコンディショナーとトリートメントの違いについて簡単に解説しておきます。

リンスとコンディショナーはかなり似ていて、髪の表面だけをコーティングする効果があります。

どういう表記にするかはメーカーによって曖昧で、明確な基準があるわけではありません。

強いて言えばコンディショナーの方が少しだけ、髪の内部に栄養を与えてくれるものもあります。

それに比べてトリートメントは髪の内部もしっかり補修してくれるので、髪をケアする上ではトリートメント一択です!!


ヤスタカ店長ヤスタカ店長
この後紹介する【効果的なトリートメントのつけ方は】、今リンスやコンディショナーを使っている人も、もちろん使える手順です。ただ、髪をキレイにする上ではトリートメントに変えることがマストです!!




美容室店長がオススメする、厳選トリートメント6選はこちらで徹底解説しています。


トリートメントのつけ方



それでは、トリートメントの効果的な使い方を紹介していきます。

3つの大きなテーマに分類して紹介しています。


  1. 準備するもの
  2. つける前に意識すること
  3. つけるときに意識すること


では一つずつ詳しく解説していきます。



準備する物

まずはトリートメントをつける前に準備しておくと良いものを2つ紹介します。



1,お風呂場に粗いコームを準備しておく

後述しますが、トリートメントをつける前も後もしっかり髪を梳かすことが大事です。

お風呂場専用の目の粗いコームを常に置いておくことをオススメします。



2,ホットタオルを準備する

時間に余裕のある方だけで大丈夫です。

蒸しタオルを頭に巻くと、温かい水蒸気が髪をやわらかくしてトリートメントを深く浸透させられます。

週に1~2回だけでOKです。

ちなみにホットタオルの作り方は以下の通りです


  • タオルを水でしっかりと濡らしてから、緩めに絞る
  • ビニール袋に入れる(袋の口はきっちり閉めない)
  • 500~600wのレンジで30秒~1分を目安に温める
  • 温かさが足りない場合は様子を見ながら、10~20秒を目安に追加で温める
  • やけどに注意しながら袋から取り出して使用する


出典:蒸しタオルは電子レンジで作れる?注意点や使い方も詳しく紹介 | 暮らし | オリーブオイルをひとまわし (olive-hitomawashi.com)

この手順でホットタオルを用意してからお風呂場へ行きましょう。



トリートメントをつける前に



次にトリートメントをつける前に意識しておくと効果が高まることを紹介していきます。



髪の水気を取る

しっかり髪を絞って水気を取りましょう。

べちゃべちゃの状態でトリートメントをつけると効果が薄まります

タオルで拭く必要まではないですが、手で絞れる範囲でしっかり絞りましょう。



髪をとかす

目の粗いクシをお風呂場に一つ準備しておきましょう。

水気を絞ったら髪を梳かしてトリートメントが浸透しやすいようにしておきます。



つける量

商品によって異なりますが以下を目安につけてみましょう。


  • ショート:1プッシュ(500円玉くらい)
  • ミドル:2プッシュ(さくらんぼ大)
  • ロング:3~4プッシュ(にぎったらはみ出るくらい)


少ないよりは多い方が髪にとっては良いです

つける量に迷ったら少し多めにつけてみましょう。



トリートメントをつけよう



いよいよトリートメントの効果的なつけ方を紹介していきます。



つける位置と順番に注意

手の上に広げたら毛先から順番に中間付近までなじませていきます。

痛みが強い部分からつけていくのがポイントです!!



注意点

髪の毛先から中間を中心につけていきましょう。

頭皮につけすぎて、かつその後のすすぎがイマイチだった場合、毛穴を塞いでしまい髪の成長を遮ってしまう恐れがあるので注意しましょう

※頭皮用はOK



また、べたっとして根元のボリュームがなくなってしまう可能性もあるのでダメージが気になる毛先を中心につけましょう。



なじませ方

手ぐしでなめすように中間~毛先へ何回か指を通して絡まりを取っていきます。

その後粗いクシでしっかりとかして、さらに効果を高めましょう。



ヤスタカ店長ヤスタカ店長
髪の毛の表面にあるキューティクルはうろこ状に何層も重なっています。毛根から毛先へとうろこの流れがあって、その流れを整えると髪の手触りが良くなります



放置時間

3~5分程放置してから流しましょう。

時間に余裕があれば、先ほど準備した蒸しタオルを頭に巻いて放置すると浸透力がUPします。

髪の長い方はまとめてバレッタなどで留めてからぐるっとタオルを巻きましょう。



チェンジリンス

知らない人が多いこの【チェンジリンス】ですが、非常に大切です。

美容師がサロンで実際に行う方法で、お湯を手のひらに溜めてトリートメントがついた髪に馴染ませます。

お湯とトリートメントが混ざり合ってどんどんやわらかくなっていきます。

2.3回繰り返しながら馴染ませることによってトリートメントの粘度がゆるくなっていき、髪全体にまんべんなくトリートメントがいきわたります。

流す前の導入として1~2分間行いましょう。



流し

流しは頭皮から毛先にかけて流しましょう。

地肌にトリートメントが残ってしまうと毛穴がつまって、発毛に問題が出る可能性があります。

頭皮を中心にしっかり洗い流しましょう。



ヤスタカ店長ヤスタカ店長
ここまで全てできたら、あなたのヘアーリテラシーは相当高いです。最低でも1ヵ月は続けていくと、自宅だけで滑らかな髪を作れます。



ヘアケアアイテムを網羅的に良くする方法をまとめてあります。

トリートメント以外も気になる方はご覧下さい▼



まとめ

最後にトリートメントの効果的なつけ方について簡単にまとめていきます。



Step準備するものトリートメントを
つける前にすること
トリートメントの
つけ方
1お風呂場に目の粗いコーム
を置いておく
髪の水気を取る根元から毛先へ手でなめすようにつけたら
コームでとかす
2レンジで温めたホットタオルコームで髪をとかす3~5分放置
余裕があればホットタオルを巻いて浸透力UPさせましょう。
3
トリートメントをつける量に注意する

・ショート:1プッシュ(500円玉くらい)
・ミドル:2プッシュ(さくらんぼ大)
・ロング:3~4プッシュ(にぎったらはみ出るくらい)
お湯を少しづつ足しながらなじませる
【チェンジリンス】をしてから流しましょう
4毛先から中間にかけてつけていく



髪は女性の命と言われています。

髪を大切にしている方のヒントになれば幸いです。

これからも髪や頭皮にとって役立つ情報をどんどん公開していきます!

コメントいただけると励みになりますし、質問や取り扱ってほし題材などありましたらお気軽にコメント下さい。

SNSも更新しております!

インスタ、ツイッターのフォローもよろしくお願いします!!